かけはし基金を設置しました!

世田谷コミュニティ財団では、
新型コロナウイルス感染症による社会的・経済的変化に対応し、
弱い立場にある方々への支援を後押しするため、
「かけはし基金」を設置し、寄付の募集を開始しました。
http://kakehashi.scf.tokyo/

新型コロナウイルス感染症の拡大は、
私たちの暮らしに大きな変化をもたらしました。
特に「元々弱い立場にあった」人たち、
例えばひとり親のご家庭、障がいを持つ方々、
不安定な雇用状態にある方々は、より大きな影響を受けています。

本基金は、こうした方々が受けている
新型コロナウイルス感染症拡大と社会経済の縮小による「しわ寄せ」を、
「コミュニティの力」で解決するために設置されました。

私たち世田谷コミュニティ財団は、
寄付者と支援者をつなぐ「架け橋」として、
こうした弱い立場にある方のために「何かしたい」と考える皆さまの思いを、
現場で奮闘する民間公益活動団体への応援を通じて届けます。

リンク先の詳細をご覧いただき、
ぜひとも寄付によるご支援、情報のシェアやご周知による支援を
お願いできれば幸いです。

なお、本基金への寄付募集と合わせて、
助成先団体の公募も開始しています。(公募締め切り:~6/10まで)
詳しい公募要領は以下をご確認下さい。
https://scf.tokyo/covid19/kakehashi/application

—————-

【基金概要】
新型コロナウイルス感染症・対策支援基金(通称:かけはし基金)
~新型コロナの『しわ寄せ』を、コミュニティの力で解決する~
http://kakehashi.scf.tokyo/

●設置目的:
新型コロナウイルス感染症による社会的・経済的変化によって
しわ寄せを受けている弱い立場にある方々を支える
民間公益活動団体の活動の支援・育成

●基金使途:
ひとり親家庭、子ども・高齢者・障がい者等
弱い立場にある方々を支える民間公益活動団体活動に対する助成
(但し寄付金総額の10%を運営費として活用する)

●寄付受付方法:
当財団ホームページ内基金特設サイトからのWEB申し込み後、
クレジットカードによる決済または銀行口座への振込による。
一口5,000円~。
→「かけはし基金寄付フォーム」

●助成件数:
上限3団体を想定
※申請締め切り:6月10日(水)

●問い合わせ:
一般財団法人世田谷コミュニティ財団(担当:市川・白鳥)
〒 158-0094
東京都世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズ・オフィス8階 カタリストBA
TEL:03-4405-2022 FAX:020-4664-1218
E-mail:setagaya@scf.tokyo
URL:https://scf.tokyo/