【ビジョンを実現するために、世田谷コミュニティ財団が果たす使命】

「まちを支える生態系をつくる」

私たちのまち・世田谷は、変化し続ける街・東京の中にあって、その変化に対応し、時に抗い、一人ひとりの人が働き・暮らし・学び、生活を営む場であり続けました。
そして生きることを喜び、味わい、そして時に悲しみ、大切な人を慈しむ場であり続けました。

私たち世田谷コミュニティ財団は、そんな生活の場・世田谷で、知恵や経験などの蓄積を大切にしながら、新しい財やサービス、場を生み出し続ける仕組み、そしてそのチャレンジを応援し支えることを可能にする「まちを支える生態系」をつくります。

性別や年齢はもちろん、エスニシティやナショナリティ、思考や嗜好、得意不得意、知識・経験・背景・好み・悩みなど、全てが異なる人たちが、この小さな空間に90万人集まる世田谷だからこそできる。チャレンジする人と応援する人が、相互に刺激を受け、新しい価値観を得る。そんな豊かな生態系をつくります。

 

生態系とは

生態系(エコシステム)は、本来、生物と環境の相互関係を表す言葉です。生物は、単体では生きていけません。水や空気、土壌や食べ物など生きるに適した環境があり、自分以外の他者との相互の関係があって初めて生き続けることができます。

生態系は異なる存在・物体によって構成されます。背景も役割も異なるひとり一人、ひとつ一つの組織が多様に存在していること。異なる存在が相互に関係していくこと。互いが持つ知恵や経験、技術や資源が結びつき、循環する中で、必要な仕組みや、時には思いもかけない発展が生まれる。そんな有機的なつながりや、応答関係をイメージして、「生態系」という言葉を用いています。